コンテンツへスキップ

私は、もともと家賃の安い県営住宅に住んでいましたが、ある時一戸建てに住まないかとの話を工務店の営業から頂きました。

初めは全く興味がなかったのですが、一戸建てに住む上でのメリットを聞き、購入することを決意しました。

そのメリットについてお話ししたいと考えております。そのメリットとは、①庭の使い道の自由さ②子どもが家の中で騒いでも近所迷惑にならない③収納スペースの豊富さ④モデルハウスです。まず、①庭の使い道の自由ということで、子どもの遊びスペースや家庭菜園、駐車場など様々なところで近所に迷惑をかけずに済むことです。団地では、共有スペースが多く家族で自由に使用できるところがなく、なんなら使用していないのにも関わらず注意されることもしばしば。そういうことを気にしなくて良いため庭の自由というのは一番目に光りました。②についてはやはり、上の階で騒ぐと下の階のかたに迷惑がかかる。また、壁が薄いため隣の声が漏れる等ありましたが、一戸建てではそれが全くなくとても助かりました。③では、私の家族は衣類が多く収納スペースにいつも困っていましたが、それがすっきり収納できてしまうことがとても良かったと感じております。④については、私が購入した一戸建てはモデルハウスでした。モデルハウスというと色々考えないといけないことがあるのかと思っていましたが、そんなこともなくとても気に入ることができました。なんて言ったって、初めから家財が少しではあるものの付いていることは金銭的にもとてもメリットになります。また、モデルハウスは初めの価格から値下げしやすいとも感じました。もちろん一戸建てを建てる上でデメリットもあると思います。ローンの支払いは家賃よりも高いことや、固定資産税等はやはり金銭的にもきつい面もあります。しかし、将来子どもや家族のために夢のマイホームを建てられたことはとても嬉しく思います。これから先家を建てようと思われる方も多くおられると思いますが、焦らず真剣に色々悩み検討した上で購入することをお勧めしたいと思います。

注文住宅を建てるなら、予算上限は決定しておく方が良いでしょう。その方が、後悔してしまうのも防げるからです。

家を建てるのは、想像以上に金額が大きくなる事もあります。それで困ってしまう事も、たまにあるのです。

例えば住宅を建てる前は、2,000万円もあれば十分だと思い込んでいました。ところが色々と計算してみると、2,300万や3,000万など大きな数字になる事も、よくあるのです。それでは、明らかな予算オーバーになるでしょう。

それを防ぐ為には、やはり自分の予算上限を決めておくのが一番です。早い段階で、住宅会社に上限を伝達しておくと良いでしょう。上記のように2,000万という予算ならば、それを工務店やメーカーなどに伝えておくのです。その数字をヒアリングした住宅会社は、2,000万円以内で住宅が建てられるよう、色々配慮してくれるからです。

逆に2,000万という数字を伝えるのを忘れてしまうと、予算オーバーになりかねません。なるべく早く伝えておく方が良いでしょう。

営業の方が大体の見積出してくれて1500万円ぐらいになるとのこと。私はこうしたことが初めてでもうちょっと詳しい詳細知りたくて、内約について書いてもらったのです。そして購入するかはちょっと考えるということで3日後ぐらいに購入かどうか返事することになりました。不動産屋から戻り妻と買うかどうか相談して、妻はこれを逃せば同じ物件買えないといってきて、知識浅すぎる時期購入は賛成できないといって説得したのです。そして今回買わないと不動産屋へ断りの電話入れたのです。また、妻はこの物件がこれ以上ないというぐらい気に入っていました。そして不動産屋に行き土地購入の買い付け証明という書類を書いてきて、土地は妻が見つけてきたもので初めに下見に行った時からここがいいといってたところなのです。購入きめた土地を見に行ったら、複数の土地見たのですが結局今回の土地よりいい場所がなくてここに決めたのです。そして書類は法的拘束力ないといってましたが、土地購入の意思を伝え他の方が土地変えないように抑えてくれました。

転職で持ち家を売却して、新たな職場は実家近くであり、まず実家に住んでさっさと持ち家売却し新居探しをしようとしたのですが、実家狭くて大事な家財を持ち込めません。そして新居先に見つけてそれから持ち家売却して新居購入資金確保して最後家財を新居へ搬入といった買い替え計画を立てることに。ですが、新居見つかったのですが、持ち家以降に売れなくて、狙いの物件は他人に買われてしまったのです。私みたいに家売ることと買うことのタイミング合わなくて結果失敗するような人は多かったりします。そして持ち家を売って得られる金額を新たな家の購入資金、住宅論完済に充てるなら、売りを先にして自分の資金どれぐらいかが確定できて資金計画立てやすくて安心です。そして新たな家購入なかなか決められないと決まるまで賃貸住宅かりて住むこととなり、引っ越し代金、月々家賃など3か月で50万~100万程度の費用考える必要が出てきます。覚えておいてください。

家づくりを経験して、「意外とお金がかかるんだなー」と、思ったところは「ドアノブ」です。夫婦ともに、マイホームにはとても憧れが大きかったものですから、ドアノブに関しても自分たちがいいと思ったデザインのものにしようと思っていました。

それで、当初は工務店の方が持ってきたカタログから選ぼうと思ったのです。けれども、そのカタログに掲載されているドアノブはどれもガッツリと気にいるものではなかったのですよね…。ドアノブ単体ではなく、ドアとセットで掲載されているカタログなのですが、ドアはまあいいとして、ドアノブがどれもなんかちょっと気に入らなくて…。

それで結局、ドアノブは自分たちで用意しようと思ったのです。今では、インテリア雑貨を売っているお店でも、ドアノブを取り扱っていますからね。しかもデザインがシンプルでかっこいい!けれど、その値段は決して安くはないのですよね…。ドアノブ1セットは安くても、1万円近くしていたりしますから。ちなみに私たちが選んだドアノブは、1万5千円ほどでした。ドアとセット売りだともう少し安いのかもしれませんが。

私が、一戸建て住宅を購入するときに悩んだこととしましては、将来親の面倒を見る必要があったため、一戸建てを購入するときにあらかじめ、親の面倒を見やすいように、介護の準備をしておくのか迷ってしまったのです。

また2世帯住宅にする必要性があるかにつきましても、悩んでしまったのです。

後は、金額の問題であり、リフォームすればそれだけ費用がかかってしまうので困ってしまったのです。

この悩みを解決する方法としましては、まずは2世帯住宅で住めるように準備を進めることにし、両親が実際に介護を必要となった場合につきましては、今回住宅を購入した不動産では、そういったことを対応していただけますので、住宅購入前に、もし両親の介護が必要となってしまった場合につきましては、ここの不動産にいて面倒を見ていただくことにしたのです。

また、お金に関しましては親の面倒を見る代わりに、親の財産を崩したのです。

近年の社会は高齢化社会となっておりますので、絶対に私みたいに悩んだしまったりする場合もあるのです。そういったときには、将来をどうするか考えとけば後から楽になってきます。

家を購入するということは、一生に一度の大きな買い物と言っても過言ではありません。

特に我が家で重視した所は、職場に近い、保育園を変えず通える場所であるということです。

引っ越しをする上で、多少の環境変化は仕方ないですが、保育園を辞めて、また一から保育園を探す作業を考えたら近場での購入を目指して探すに至りました。

そして賃貸から近場の一戸建てに引っ越しでした。

賃貸のポストには様々な物件のチラシが入ります。そういった情報や、インターネットで検索をして、不動産会社に行き、自分達の要望を相談することもしました。

物件の資料をもらい、良いなあと思ったものは、内覧をしに行きました。

実際に目で見て暮らせるか、家具などの配置を想像したりと真剣に悩みました。

写真では良く見えても実際見たら何か違うということもあったからです。

不動産会社に出向く事は重要だったと思います。

自分の志望に全て沿った物件があれば一番ですが、なかなか上手くはいきません。

何を一番に優先させるかです。そして、家との廻り合わせは縁です。

良い物件が見つかれば、嬉しいですね。

住宅は、自分の好きなように設計する事はできます。いわゆる注文住宅などは、かなり自由度が高いという魅力はあるでしょう。

ところで注文住宅は、間取りで失敗してしまう事もあるので注意が必要です。ありがちな失敗は、洋服を収容する場所です。

もちろん洋服は、タンスなどに収納する事にはなるでしょう。そして人によっては、やや多めの衣類を持っているのです。ですからウォークインクローゼットなどの場所は、比較的広めに設定している事はあります。

しかし自分では広めだと思い込んでいても、実際にはまだ間取りが足りない事もあります。タンスを2個設置する予定でウォークインクローゼットを設計していたものの、実際にそこに居住してみれば、10センチほど不足したという事例も意外と多いです。

ただそういうミスは、きちんと計測を行っておけば、回避可能な事が殆どです。色々な場所をメジャーで計測するのも大変ですが、間取り不足になるのも困りますし、手間を惜しまずに寸法を測っておく方が良いでしょう。

家の購入で、私は一戸建てにするかマンションにするかでとても悩みました。

住宅購入までは分譲マンションのような社宅で住んでいたためマンション住まいに慣れていたことと、マンションの共用部分などの豪華さをみてしまうと戸建は見劣りしてしまいました。しかし、周りの友達のほとんどが戸建を購入しており、漠然と戸建を購入する方がよいのではないかと思っていました。

そこでまずは夫と戸建・マンションのメリット・デメリットをそれぞれ思いつくだけ出しました。それらを一つ一つ検証し、特にデメリットについては時間をかけて話し合いました。

ネットでそれぞれのデメリットの検索なども行いました。そのうえで再度見学に行き、不動産屋さんの意見を聞いてみたりしました。

最終的にはどんなことが起こるかわからないけど、私たちが考えた中で最悪の事態にならない方を選ぶのが良いのではないか、という結論に落ち着きました。

何があるかは結局のところ運しだいです。自分たちが納得して決めたところにするのが一番いいと思います。しかし、安直にいいところだけを見て決めるのはやめた方がいいです。

我が家は夫、私(妻)、未就学2人の4人家族で、2年前新築の一戸建てを建てました

住宅を購入する際に最も重要視したのは子育てに良い地域かどうかです。

以前住んでいたところは駅近で、ショッピングモールも近くにあり、学校、病院、他施設等がたくさんあり便利でしたが、人付き合いがあまりない地域だったのでご近所さんでも挨拶しない、表札がないため名前が分からない、という事も多かったので、近所付き合いがあり地域全体で子育てしてるような街を探しました。

まずはネットで住んでいる都道府県の市町村の子育てランキングを調べました。

市長が子育てに力を入れてている、公約で掲げている街はどこか、実際どんな取り組みをしているのかを調べるました。

幸い私達夫婦は共働きですが、通勤に電車などの公共機関を使わないため、ショッピングモールなどが近くになくても日用品が揃うお店があり、食品を売っているお店があれば問題なかったので、校区の小中学のホームページなども見て多方面で実績がある、評判が良い地域を探しました。

こどもが小中学校時に過ごした環境は将来にも大きな影響があり、大事な時期です。

ただ駅が近い、利便性が良いだけでなく、本当にこどもにとっていいことを考える事も大事だと思います!