コンセントは大切

住宅を作る際にはコンセントは要注意

注文住宅は、しばしばコンセントがポイントになります。的確な位置に配置しておかないと、後々で困ってしまう事がありますから、注意が必要です。基本的にドア周辺にコンセントを配置するのは、避けるのが良いでしょう。

例えば、開閉する扉のすぐ後側にコンセントを配置してしまう場合があります。というのも、ドアを開けた時が大変なのです。扉を開けた時には、まさにコンセントが扉で隠れてしまう事になるでしょう。それで、非常に使い勝手が悪く感じられる事があるのです。

一応は、延長コードで何とかする事はできます。しかし部屋にあまり延長コードがあると、やや配線が複雑になってしまう事も多いです。

であれば、最初から扉の後にはコンセントを配置しない方が良いのです。基本的にコンセントは、周囲に何も無い場所に配置する方が良いでしょう。

また、コンセントの数も要注意です。あまりにもそれが少ないと、やはり生活の不自由さが生じてしまう事があります。

このように住宅設計をする時には、実はコンセントは意外と大切なポイントになる訳です。

また、リフォームの際にもよく考えることが必要です。いままで使っていた位置でいいのか、変更してもらうのか。せっかくの機会ですから、快適になるリフォームをするように考えましょう。